こんな時はどうしたらいい?ネイルデザインの見つけ方!

オフィスでもオシャレしたい!

いまや、イマドキ女子にネイルは欠かせないですよね!普段の生活でもさりげなくオシャレしたいです。そんな時は、シンプル系フレンチネイルや、ワンカラーに小さなアートをほどこしてみてはいかがでしょう?!ベースの色味にピンクベージュやベージュ系を選ぶと派手になり過ぎず、さりげないオシャレ達人になれます。ワンカラーに塗ってしまう場合も、自爪になるべく近い色を選ぶといいでしょう。小指など見えにくい部分に小さなアートを入れたり、小ぶりなストーンを乗せても上品です。

デートで可愛くみせたい!

彼氏とお出かけが決まったら、気合いが入ってしまいますね。そんな時にオススメなのは愛されフェミニン系ネイルデザインです。ベースの色味は柔らかいパステル調や薄めのパール調がオススメです。ベースを選んだら、小花柄アートやストーンなどでデコレーションしてもいいですよね。ここでポイントなのは、派手にデコレーションし過ぎない事です。すべての指にデザインを入れず、ポイントで入れていくのが望ましいですよ。あくまでも柔らかい印象、愛され系ネイルを意識しましょう。

とにかく目立ちたい!

結婚式やパーティーや成人式などのイベントは、いつもと違う一面をのぞかせて注目を集めたいですよね。そんな時は、ベースをキラキラ光るグロッシー系カラーに塗ってもいいですし、ベースをシンプルにしてデコレーションにこだわるデザインも素敵です。特にアートやデコレーションの時に、イベントにふさわしいアイテムを飾り付けても面白いですよ。例えば、成人式には扇子や鞠などの和柄アイテム、結婚式にはチャペルやブーケのアートやストーンを使った指輪のデザインなどがオススメです。しかし、イベントが終わった後、普段の生活に華美なネイルが支障をきたす場合があります。大丈夫な方はいいのですが、そうでない方はつけ爪なども一つの方法ですし、事前にネイルサロンで相談する方法もあります。やはりネイリストは思わぬ解決策やアドバイスはもちろん、デザインの知識と幅を持っています。大切なイベントの際は、プロのアドバイスを一度聞いてみるのも頼もしいですね。

爪のお洒落が流行している今、ネイルアートなどを施すネイリストが増えています。デザイン面だけではなく、爪の健康を守る役割も果たすなど、多くの知識や経験が必要とされる仕事です。