正しく違いを知っておこう!光脱毛とレーザー脱毛

光脱毛とレーザー脱毛の違は何か?

医療機関やエステサロンなどで脱毛を行おうとした場合、脱毛方法としては光脱毛とレーザー脱毛の2つから選択することになります。一見すると何が違うのか分かりませんが、簡単に言えばこれらの違いは主に照射される波長にあると言えます。光脱毛では複数の波長を持った光を照射するのに対し、レーザー脱毛では単一波長のレーザーを照射します。この違いに基づいて、光脱毛とレーザー脱毛の施術と効果にはそれぞれ違いがあるので、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

痛みが少なくお手軽な光脱毛

光脱毛では、様々な波長の光を当てることで毛根のメラニンを刺激して脱毛を促します。広範囲にまとめて照射することが可能で出力が高くないため、あまり痛みを伴わないのが特徴です。そのため専門的技術を必要としないため、一般のエステサロンで広く施術を受けることができ、また自宅で行える美容電気機器として光脱毛を行える器具が家電量販店などで売られています。しかし、レーザー脱毛と比較して出力が低いため、完全な永久脱毛にまでは至らずに何度も施術を繰り返す必要がある場合もあります。

完全な永久脱毛が実現できるレーザー脱毛

レーザー脱毛は単一波長の光を高出力で照射して毛母細胞を破壊するため、光脱毛と比較して格段に永久脱毛としての効果が高いと言えます。しかし、光脱毛と違って1本1本の毛に当てていく必要があるため、脱毛にかなりの労力と時間が必要になります。また、熱量が高いため施術には軽い痛みが伴います。肌のコンディションも考えて施術を受けるかどうか判断しなければならないため、光脱毛よりも手軽とは言えませんが、しっかりとしたケアを行いつつ施術を受けるようにすれば、肌をきれいに保ちやすいというメリットもあります。

黒い色だけに反応するレーザーを照射することで毛母細胞を破壊するという脱毛方法をレーザー脱毛と呼びます